必要経費を賢く準備 お金の借り方とローンの基礎準備

必要資金を賢く準備 お金の借り方とローンの基礎知識

手軽にお金を借りられる!

まとまったお金が急に必要になったときなど、「なんとかお金を借りられたら」と思うことはよくあるはず。そんなとき、広告で見たことのある「キャッシング」などでお金を借りても大丈夫でしょうか。また、誰でも申し込めば貸してもらえるのでしょうか。そういったことについて、最初は勝手がわからず不安です。でも、貸金業界の法制度の整備が進んだ現在では、金利なども一定範囲に規定され、いざというときに役立つ金融サービスとして定着してきました。あらかじめ返済が可能な計画をたてて、必要な分だけを借りれば大丈夫です。

間違ったお金の借り方をしないように!

しかし、安心、手軽に借りられるからといって、なんとなくイメージで会社を選び、なんとなくお金を借りていたら、もしかしたらとても損なことをしているかもしれません。その理由は、「金利が違う」からです。モノの値段の安い、高いと同じように、借りるお金にも値段があります。それが金利です。もっと安い金利で借りられるローンがあるのに、高い金利のローンを借りていたら、割高な買い物をしていることと同じです。

中古車の掘り出し物を見つけたので、急いでキャッシング!?

「前から欲しいと思っていた車が中古車で格安で手に入る!」とわかったとき、急いでキャッシングで現金を借りて購入するとします。このような方法は間違ってはいません。しかし、もしかしたら、その車は「中古車向けマイカーローン(または自動車ローン、オートローン)」の対象だったかもしれません。そして、通常の「現金のキャッシング」と、「中古車向けマイカーローン」の金利を比較すると、マイカーローンのほうがずっと安いのです。余計にお金を支払うことになるのです。

借りすぎにも注意!

また別の、間違ったローンの利用法として、「返済のためのお金を借りる」というのがあります。今はかなり審査のスピードが速く、手軽にお金を借りることができるようになったため、複数のキャッシング会社、複数のローンカードなどを併用することが可能です。しかし、返済のためのお金を他の金融会社から借りることは厳禁です。これを繰り返すと、「多重債務」におちいり、借金の額が膨れ上がります。いずれ新たな借り入れを申し込んでも審査に通らなくなり、自分では解決できなくなってしまいます。

このサイトでは、お金を借りる前に、最低限知っておくべきことについて、ご紹介します。